よこすか自民党

私たち自民党横須賀市連合支部は、横須賀の景気回復や雇用促進、
安心して暮らせる地域社会の創設を一丸となって目指します。
全国に誇る横須賀市の新たな価値を創造し、きめの細かい取組みを進めます。

よこすか自民党最新ニュース

秋元司副大臣に要望書を提出


9月25日(月)に国土交通省において、上地克明市長、小泉進次郎衆議院議員、木下憲司市議会議長ほかで秋元司副大臣に面会し、長期間未整備が続く国道357号線の八景島―夏島間約2.3kmの早期工事着手について要望を行いました。

秋元副大臣からは「年内にネットワーク検討会を立ち上げる」旨の回答を得ることができ、横須賀の活性化に向けて着実な第一歩を記すことができました。

よこすか自民党 支部報告会


これまでの形式を一新し、国政、県政、市政について時間をかけた詳細な報告ののち、各報告についての質疑応答を行う形を取らせていただきました。

初の試みということもあり、率先して手を挙げ質問を下さる方は少なかったものの、これまでの一方的な報告とは違い、対話式の報告会については、参加された多くの党員の方から好評をいただくことができました。

今後も党員を対象に、対話式の報告会を継続し、さらなるご参加がいただけるよう努力してまいります。

なお、当日は小泉進次郎衆議院議員が当日決定されたばかりの、自民党農林部会で取りまとめたTPP対策を読み上げる一幕もあり、最新の情報を取り入れた報告会となりました。

当日読み上げられた農林水産分野におけるTPP対策については、党本部ホームページよりご覧いただけます。

https://www.jimin.jp/news/policy/130907.html

募金報告


台風18号による豪雨により、茨城県、栃木県、宮城県などに、浸水や土砂災害など大きな被害をもたらしました。

被害に遭われた方には衷心よりお見舞い申し上げます。

よこすか自民党では9月27日(日)横須賀中央駅前Yデッキにおいて、台風18号による大雨被害被災地救援募金活動を行いました。

多くの皆様にご協力を賜りましたことに改めて感謝申し上げます。

当日寄せられた募金は合計で34,732円となりました。

お預かりした募金は自由民主党神奈川県支部連合会を通じて、大雨特別警報の発令された3県へお渡しさせていただきます。

自由民主党横須賀市連合支部講演会・報告会開催


先ごろ行われた統一地方選挙では、連日大変お騒がせを致しました。 皆様方におかれましては、訴えました政策を深くご理解頂き、心より感謝申し上げます。

改選後の5月17日(日)には、かねてからポスターで告知しておりました、自由民主党神奈川県横須賀市連合支部の講演会・報告会をよこすか平安閣において開催致しました。

この度、前任の山下薫支部長が勇退をされ、今期からは木下憲司新支部長が選任されました。

また、これまで民間人としての立場からお力添え頂いていた馬瀬金平総務もご勇退されることとなり、壇上で小泉進次郎代議士より花束を贈呈されました。

選挙後、新たな仲間も増え、今後ますますよこすか自民党は全員一丸となって横須賀市政の向上に努めて参ります。

支部講演会のお知らせ(魅力あるまちづくり)


人口減少や景気の低迷など、本市が直面する課題は山積しています。これからのまちづくりには地域の特色を生かし、魅力を打ち出す事が大切です。

こうした課題のヒントを得るため、自民党横須賀市連合支部では、北山創造研究所所長の北山孝雄氏を講師に迎え『魅力あるまちづくり』と題し講演会を行います。

北山氏は、これまで「横浜ベイクォーター」や「草津湯源湯路街構想」等、全国各地において、先進的な魅力あるまちづくりを数多く手がけた実績があり、横須賀の未来創造に大変参考になることと思います。

どなたでもご参加頂けますので、皆さん是非ともお越しくださいますようお願いします。

募金報告


8月20日からの大雨等により広島県において人的被害や住家被害が発生しました。

この災害で被災された方の生活再建の一助とするため、よこすか自民党は9月13日(土)横須賀中央駅前Yデッキにおいて街頭募金活動を行いました。

大変多くの皆様から温かいご支援をいただきまして、誠にありがとうございました。

当日寄せられた募金は合計で118,468円になりました。
皆さまからお預かりした募金は党本部を通じて直接、広島市役所に責任を持って送らせていただきます。

小泉進次郎代議士国政報告会


7月6日によこすか平安閣で小泉進次郎代議士による国政報告会が開催されました。

当日はお忙しい中、多くの方々にご来場頂き、誠にありがとうございました。

復興大臣政務官として、被災地の現状や復興に向けた取り組みについて、また内閣府大臣政務官として、この度神奈川県全域が指定された国家戦略特区について等説明がありました。今回はスライドを使用したため、より深い報告内容になっていたかと存じます。

今後は更にこうした機会を設け、党員の皆さんをはじめとする多くの方々と情報を共有し、自民党に対するご理解を深めて頂けるよう努力して参ります。

自民党系市町村議員研修会を開催


去る2月1日、神奈川県内の自民党系市町村議員の研修会が開催されました。今回は県西地区の主催ということで、箱根湯本での開催となりました。

小田原、秦野、南足柄、足柄上郡、足柄下郡から、それぞれの地域の課題に関する報告が行われました。
次いで衆議院議員・牧島かれん代議士による党の政策や法案に関して、ユーモアを交えた解りやすい説明がされました。

また「特定秘密保護法」についての説明では、これまで実際に寄せられた疑問や誤解を抽出し、詳細にわたって事実に基づいた解説が行われました。

こうした国と地方との縦のライン、そして近隣他都市の議員の皆さんとの横のラインも関係性を築き、より強固なものにして、意見交換や情報交換を行うことで地域の発展につなげて参りたいと思います。

国土交通大臣への要望活動


先の横須賀市長選挙の際、私たちは政策の一つとして“横浜横須賀道路の料金値下げ”を訴えました。
そこで、10月28日、国土交通大臣に面談し、横浜横須賀道路の料金値下げ等の要望を行いました。

横横道路の通行料金は、周辺の東名高速道路や首都高速道路に比べて著しく 割高で、地域経済活動を阻害する要因となっています。また、横横道路のスマートインターチェンジ整備は、市内西部地区の交通利便性や防災機能の強化を図るためにも、市として重要な課題です。

市長選では対立したとはいえ、両候補者ともが掲げた政策であり、また本市にとって非常に重要な課題である為、吉田市長にも同行を促し、小泉衆議院議員、古屋衆議院議員をはじめ、板橋市議会議長、木下支部政調会長(市議会議員)、木村横須賀商工会議所会頭といったメンバーで訪問しました。

横横道路の料金値下げ等が実現し、地域経済が活性化することを強く願っています。

【要望事項】
横浜横須賀道路の料金値下げ
横浜横須賀道路におけるスマートインターチェンジの整備
国道357号などの広域幹線道路ネットワークの整備

かながわ自民党演説会開催


9月7日(土)かながわ自民党演説会が開催されました。
これは先の参議院選挙ポスターで告知されていたのですが、大変多くの方々が足を運んでいただいた事に心から感謝申し上げます。
今回は弁士として、第11選挙区支部の小泉進次郎代議士が講演。

来年度予算編成は消費増税の見通しが立てられないため、概算要求基準が示されていない。とりあえず団体や議員からの予算要望を盛り込んではいるが、消費税が決定し、税収の見通しが立てば、12月の予算編成では今まで以上に厳選しなければならず、できない物も明らかにしなければならない、と説明しました。

またこの度、初当選を果たした島村大参議院議員によるご挨拶が行われ、 選挙戦での感謝の意を示したのち、これからの取り組みに対する意気込みを熱く語りました。

今後もこのような機会を通し、党員の皆様との情報共有や相互連携を深めるよう、取り組んで参ります。

自民党ヒアリング


去る7月26日(金)自民党県議団と各市町村の間で毎年行われているヒアリングが実施されました。

県に対し、横須賀市からの予算要望などを代表で市長が行い、よこすか自民党もまた本市の現状を県に訴えていかなければなりません。

よこすか自民党の市会、県会、国会と一本のラインが構築されている強みと、更には近隣他都市との横のつながりも活かし、神奈川の充実に向け総合的な取り組みも必要となって参ります。

県の財政も大変厳しく、簡単に実現できる訳ではありませんが、政務調査会で厳正に精査しつつ、本市の発展、また安心安全確保の為、可能な限り要望を反映して頂きたいとの思いです。

勉強会開催


2月8日、県内の自民党系市町村議員で構成する「かながわ自民党市町村議員協議会」による勉強会が開催されました。

参議院議員の佐藤ゆかりさんを講師に招き、これからの経済成長分野、規制緩和策の注意点、さらにアベノミクスによる市場の反応等、経済学者の視点から幅広く講演していただきました。

また、市町村議員協議会会長で茅ヶ崎市議の青木浩さんより、茅ヶ崎市役所の建て替えに伴う住民投票が実施され、大いに混乱している現状について説明していただき、改めて住民投票の危険性や脆さを感じました。

今後も、こうした勉強会を重ねる事で情報を共有し、見識を広め、横須賀市政に役立てて参りたいと思います。

年頭所感


新年にあたり今年一年、皆様方のご多幸を祈念申し上げます。

昨年末に行われた衆議院選挙において、自民党は国民の皆さんから多くの議席をお預かりしました。選挙戦での結果は、必ずしも自民党が評価をされた訳ではなく、この3年間の状勢を見て、有権者は選択を迫られた時、あくまでも消去法によって自民党が受け皿となったに過ぎないと感じております。それでも託された国民の願いは非常に重く、我々も責任政党としての在り方をお示ししなければなりません。

よこすか自民党は小泉進次郎代議士を筆頭に、県議・市議が協力し、地方からの変革に努めて参ります。

安定した政権運営を築き上げてこそ、日本再生に繋がるのであり、だからこそ、よこすか自民党は組織としての強みを発揮するため、地方から国へと意見を伝え、問題意識を共有し、一丸となって取り組み、結果を残したいと考えます。

再び与党となった事にあぐらをかかず、より一層気を引き締め、積極的に努力と自己研さんを積み、国民の負託にお応えしなければ、我々自民党にとっても、国にとっても後がない、そして国がなければ当然地方もない、待ったなしの状況であることを肝に銘じて取り組んで参ります。

私たちは、誠意と真心を持って真実を語る勇気を忘れず、皆さんへの発信に努めて参ります。

第46回衆議院選挙で小泉進次郎再選


第46回衆議院選挙におきましては、実に多くのご支持をお寄せいただき、小泉進次郎は無事2度目の当選を果たすことができました。

皆さんが託してくださった184,360票という得票数は全国でも2番目の好成績となり、改めて責任の重さを実感いたします。

横須賀は国・県・市と一本のラインが本市選出の議員で結ばれています。 よこすか自民党は今後ますます、強固な団結により、自民党への信頼、政治への信頼を取り戻し、皆さんの期待に添う政治を行って参ります。

12日間という限られた期間、各地で街頭演説や遊説等、近隣の皆様には大変お騒がせしたにも関わらず、ご理解並びに温かいご支援いただき、誠に恐縮であります。

公職選挙法上、文書でお礼は申し上げられませんが、何卒ご容赦いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

支部の活動


自民党の再生と信頼回復には、まずは党としてどのような考えを持っているのか、自民党のこれからの姿勢について、具体的なシナリオを広く国民に示すことが必要と考えます。

私たちは先ごろ、政治の信頼回復と党に対するご理解を得るため、情報発信の一環として、新生自民党の理念や日本再生に向けた方向性を示すチラシを作成しました。

先月は、自民党横須賀市連合支部は市内3か所の街頭においてチラシの配布を行いました。追浜→久里浜→横須賀中央と3駅を電車で移動しながら、各駅前で多くの方々に直接手渡し、ご理解を訴えました。

日本再生に向け、自民党は鋭意努力して参ります。

ご報告


この度、自民党総裁選挙が行われ、第25代自民党総裁は安倍晋三氏が選ばれました。

これに先立ち、去る9月19日(水)には横須賀平安閣にて自民党横須賀市連合支部集会を開催し、多くの党員の方々にお集まり頂きました事、この場をお借りして御礼申し上げます。

新体制のもと、党の再生と信頼回復のみならず、国家の主権と威信を取り戻し、強い日本、豊かな日本の創造に取り組んで参ります。

今後とも自由民主党に多大なるご厚情賜りますよう、よろしくお願い致します。

大募集!!……その1


自民党は党員を募集しています!
支部の運営は、党員の皆さんからお預かりした党費によって行っております。
党大会をはじめ、イベント等の実施や、街頭活動でお配りするビラ、ホームページの管理等々、活動の実施や情報発信ツールには当然ですが費用がかかります。
しかしながら県内において、この横須賀市は自民党員が非常に少ないというのが現状です。
昨今、政治への市民参加が叫ばれていますが、現状の間接民主制度において、市民が政治に参加する一つの方法として『政党支持』というスタイルと言えるのではないでしょうか。
この国を想い、この国を憂い、この国を愛すればこそ、しっかりとした政治基盤の確立を国民が望むのは当然の事であると思います。
年会費4,000円を支払うことで「自民党を応援し、支えてやろう!その代り、言いたい事は言わせてもらうぞ!」そんな熱い心意気こそが我々の活動の糧となります。
支部活動を今後さらに強化し、皆さんの期待に応え、情報の収集と発信に努めて参ります。一人でも多くの方に入党して頂き、積極的に政治参加をして頂きますよう心よりお願い申し上げます。
            お問い合わせ 046-823-4003

大募集!!……その2


この度、よこすか自民党は「青年部」を立ち上げ、市内の若い世代の方々による活動参加を広く募ることとなりました。
党本部の青年局長・小泉進次郎を擁する横須賀で、地元の青年部を組織することは非常に意義深く、我々にとっても大変心強い存在となります。
政治に対する関心度は世代ごとに異なっており、特に若い世代の関心が失われつつある中、よこすか自民党は、政治不信の原因を見つめ、反省すると共に、今後多くの若い世代が政治に参加できるよう努めて参ります。
「支部大会」や「街頭演説会」といった活動を通して、一緒に汗を流し、時には意見交換等を行うことで、政治を身近に感じながら、自らが国を支える一員であると実感して頂けたらと思います。
  45歳以下の党員の方であればどなたでもご参加頂けますので宜しくお願い致します。
            お問い合わせ 046-823-4003

自由民主党横須賀市連合支部大会開催


6月21日、自由民主党横須賀市連合支部大会を開催。
約250名の来場がありました。お忙しい中、お越しいただいた皆さん、ありがとうございました。

最初に各役員から支部の活動についての報告があり、両県議からの県政報告。そして小泉進次郎代議士より国政報告を行いました。

当日、会場で新規党員の申し込みをしてくださった方、ありがとうございました。

また、今回は宮城県女川町の子どもたちが撮った写真を集めた写真集をお渡しし、義援金のお願いをいたしました。
純粋な子どもたちの目で捉えた写真には、今の女川町の自然や子どもたちの元気な姿などが写し出され、希望を持ち続け、復興に向かう彼らの想いが込められています。
義援金も総額107,145円集まりました。ご協力いただきました皆さん、本当に感謝申し上げます。
この義援金は、我々自民党横須賀市連合支部が責任をもって、ご協力いただいた女川町に直接お届けいたします。

今後とも被災地支援、並びに自民党へのご支持賜りますようよろしくお願いします。

自由民主党横須賀市連合支部大会を開催します


来る6月21日(木)よこすか平安閣にて、自由民主党横須賀市連合支部大会を開催します。
日頃から自民党をお支えいただいている党員の皆さまをお招きし、小泉進次郎代議士による 講演や、竹内英明・牧島功両県議による県政報告等を行います。

   〈午後6時受付開始、6時30分開会〉

国政について、あるいは皆さんにとって身近な地方の問題について情報提供の場になればと考えております。
当日は新規入党も受け付けておりますので、詳しくはお問い合わせください。

自由民主党横須賀市連合支部
横須賀市小川町13ウノビル3階
TEL.046-823-4003 FAX.046-824-2663

4月29日~30日
横須賀モアーズシティ
8Fにて写真展を開催!


これは『手をつなごう・かながわの会』が主催する震災被災地応援のための写真展「女川、子供たちの眼、子供たちを見守る眼」と題し、被災地である宮城県女川町の子供たち(小中学生)が自分の眼で見・感じ、今の被災地を撮影した写真展です。
悲劇的な被災を知っていただくための写真の展示もいたしますが、メインとなるのは子どもたちが撮影した今の女川町の姿です。
よこすか自民党もこれに協力することで、多くの方にご来場いただき、被災地への支援の必要性を実感して欲しいと考えています。

2011年12月19日(月)横須賀中央駅前Yデッキにて、夕方5時より6時まで「街頭演説」を行いました。 冬至間近の夕暮れは寒さが身にしみましたが、自民党横須賀支部の新人議員3人(大野忠之議員・西郷宗範議員・渡辺光一議員)は地方政治の課題や今やるべき事などを訴えました。
また、青年部3人(森あゆみ・岡本しろう・井口一彦)は道行く人々に自民党広報のチラシを配りました。これからも、機会がある毎に政策の訴えをしていこうと考えていますので自民党支持者の皆さま、応援よろしくお願いいたします。

自由民主党最新ニュース

自民党
参議院議員 神奈川選挙区 三原じゅん子 オフィシャルサイト
lDP-channel(自民党の動画サイト)
かながわ自民党
横須賀市
[東日本巨大地震・津波災害]被災者支援にご協力ください
自民党 東日本巨大地震 救援募金等ご協力のお願い
自民党ネットサポーターズクラブ